クロミッドで不妊治療を継続

「妊活」という言葉がポピュラーになるにつれて、不妊症の治療に取り組む女性が増えています。
不妊症は、出産を希望している35歳以上の女性で5人にひとりが抱えていると言われています。年齢を重ねるごとに体に残っている卵子の数は減っていき、妊娠の可能性が大幅に低下。35歳以上の初産婦は高齢出産と定義されています。

しかし不妊の原因は加齢だけではありません。
食事や運動などの生活習慣、ストレスや持病など、さまざまな原因によって妊娠しづらい身体になっているのです。
漢方薬による体質改善を続けている。医療機関で積極的な治療を行っているなど、不妊との向き合い方も人それぞれ。
いずれにせよ不妊の原因を突きとめないことには、問題の解決を目指すことはできません。

なかなか妊娠できない女性で多くみられるのが、「無排卵月経」です。
無排卵周期症とも言われ、月経=出血は起こっているのに排卵はしていないという症状。
生理周期からタイミングをとろうにも、そもそも排卵していないので受精することがないのです。

この場合はまず排卵誘発剤を用いて、正常な排卵を起こすことから治療を始めます。
多くの医療機関で選ばれる薬が「クロミッド」。クロミフェンという成分がホルモンの分泌を増強し、卵胞の成長を促して排卵を起こさせます。
排卵誘発剤にはいくつか種類がありますが、クロミッドは排卵率70〜80%と効果が現れやすいのがメリット。服用経験のある女性は数多くいます。

しかし不妊治療が長引くと、経済的な負担がネックに。コンスタントに通院することも、働く女性にとっては大きな課題です。
そこで治療継続の選択肢として考えたいのが、クロミッドの通販購入です。
ネットで注文・購入できるので通院の手間がかからず、処方薬と比べて薬代を大幅に節約できるという利点があります。

無排卵月経の改善が必要だけどできるだけ負担やストレスなく妊活を続けたいという女性は、通販の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

基礎体温をつける女性

不妊の原因は無排卵月経?

妊娠しづらいかも・・と病院へ行ってはじめて気づくのが「無排卵月経」。月経は起きているのに実は排卵しておらず、いくらタイミングをとってみても受精には至らないという症状です。妊娠を目指すなら、まずは原因を明確にして改善を目指しましょう。

記事を読む

考える女性

クロミッドの役割とは

無排卵月経の治療に欠かせないのが排卵誘発剤。中でももっとも広く使われているのがクロミッドです。不妊で悩む女性にとって、クロミッドがどのような働きをするのかをみていきましょう。

記事を読む

通販でのメリット

クロミッド通販で負担軽減

不妊治療が長引くにつれて、物理的・経済的にも精神的にも負担がどんどん大きくなってしまいます。それでもいつか妊娠するために治療を続けたいのなら、可能な限り負担は少なくしたいもの。ここでは長期治療における通販利用のメリットについて、ご紹介します。

記事を読む

通販のリスクは?

クロミッドを通販するリスク

不妊治療における負担軽減という点で、クロミッドを通販で購入することには大きなメリットがあります。しかし、顔の見えない相手から医薬品を買うというのは心配なもの。通販で考えられるリスクについて事前に理解し、トラブルを回避して上手に活用できるといいですね。

記事を読む

男女で協力する

不妊治療は男女共通

妊活という言葉は女性だけのものではありません。不妊の原因が男性にある場合もあり、不妊治療は夫婦で取り組むべき課題なのです。女性の無排卵月経改善に用いるクロミッドは、排卵誘発剤としてだけではなく男性不妊にも使えるホルモン剤です。

記事を読む